緊張と興奮と感動・・・いまさら感想。

昨日「ヒリヒリするような緊張と興奮に包まれた、とある試合を見た」と書きましたが、何を見たかというと、世界フィギュアスケート選手権だったのでございます。
もう1週間以上も経っちゃって、なんか今さらなんですけど、ちょっとだけ。

もともとフィギュアスケートは好きで、渡部絵美・佐野稔の時代から、テレビでやっているとチャンネルを合わせる方だったんですが、生で見たことはなかったんです。
しかしトリノオリンピックの流れ?で去年夏に「Dream on ICE」というアイスショーを友達と見に行きまして、かなり満足。
そこで考えた。
アイスショーも面白いけど、選手がギリギリ真剣勝負している「試合」を観戦してみたい。
そしたら何というタイミングか、真剣勝負も真剣勝負の世界選手権が、東京で開催だっていうじゃないですか。

アイスショーで男子シングルのダイナミックさに感心したので、男子フリーに照準を合わせ、チケットゲット。
特別誰のファンというほどではないけど、アイスショーで惹きつけられたランビエールと高橋大輔をちょっぴりごひいきしつつ観戦しました。
(あいかわらず一人だってのが悲しいところですけど・・・

いやあ、すごかったです。
細かい技はわからないし、ジャンプだって全然見分けつかないので、テレビの解説なしではどうだろうと思ってましたが、そんなの全然関係なかったのでした。

特に印象に残った選手は、下位グループで滑った中ではベルントソン選手
思わずスタンディングオベイションしちゃったのが、第3グループ最終滑走のベルネル選手、最終グループのランビエール選手高橋大輔選手でした。

特に高橋くんの時は、こちらも力入っちゃって固唾をのんで見つめてしまいました。
「オペラ座の怪人」はテレビで何度も見ていて構成もほぼ頭に入っているし、母というか姉というか近所のおばちゃんというか、鑑賞というより完全に見守りモードです。
ジャンプが全部終わってストレートラインステップに入る時の、地鳴りのような歓声と拍手は、テレビでは伝わりきらないであろう、本当にすごいものでした。会場全体が、まさしく興奮のるつぼ。

演技が終わった瞬間の彼の涙には、こちらももらい泣きしそうに。
すさまじいプレッシャーだったと思います。
開催国の代表というのは、決していいことばかりじゃない。プラスのパワーもマイナスのパワーも、両方大きくなるんでしょうから。
スケートに限りませんが、特に個人競技の選手のメンタルの強さには敬服します。
彼もこれまでプレッシャーにつぶされることが多かった選手だときいたけれど、今季は見事な成長ぶりでした。まだ、21歳なんだよね・・。
(ふと、サッカー北京代表のことを考える。同じくらいの子たちなんだなあ・・・)
点数がでて、キスアンドクライでコーチ達と3人で抱き合っている様子は感動的でした。モロゾフコーチも涙をぬぐってたね。

あとは、観戦初心者の素朴な感想。
一番安い席だったけど、(サッカーでいうところの)バックスタンド真ん中だったせいか、とても見やすかった。しかも近い。ふだん5万人クラスのスタジアムで見ているからか、それだけでも感動。
いろいろ着込んだり、熱いコーヒーを水筒に用意したりしたのに、B席はむしろ暑かった。会場で冷たい飲み物買っちゃったくらい。
演技中、オーロラビジョンに経過時間がでるのに感心。だいたいどの選手も3分30秒を超えるくらいから体力的にきついんだなあ、とか、わからないなりにもいろいろ発見したりして。
伊藤みどりさんの場内解説があると聞いてFMラジオを持参。性能のせいか雑音がひどくて途中でやめてしまったけど、冷静でわかりやすくてテレビより段違いによかった。
最終グループってのは、ホントに異様な空気だった。恐ろしいほどの緊張感。
なぜか周りに外国人選手の熱狂的なファンが多くて?ちょっとひいた。いやファンなのはいいんだけど、ちょっと声が・・あと、イケメン選手なら誰でもいいんかい、というノリの人もいて、まあ、なんというか・・・・・
会場で生で見てると、間違っても「こけろ」とは思わない。知らない選手だろうが、応援している選手のライバルだろうが、転んだり、明らかな失敗をしているのを見ると胸が痛む。きれいごとじゃなく、そう思う。

思い出していると、どんどん長くなってくるなあ。
こんなに試合観戦がワクワク楽しいものならもっと見たいと思ったけど、もちろんチケットは売り切れだったし、女子フリーの日にいたっては仕事が入ってたしで、残りはテレビ観戦でした。

それにしても、日本選手達、みんなよく頑張りましたね。
安藤・浅田・高橋のメダリストはもちろん、全員入賞なんだよ!
きちんと仕上げた中野も、フリーで追い上げた織田も、もっと賞賛されてもいいと思う。

しかしトリノで苦汁をなめた高橋と安藤は、今季驚くほど成長しましたね・・・。
オリンピックって大会は、参加する選手にとっては強烈なものなんだな、と改めて感じたのでした。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月07日 01:39
私も女子の部だけテレビで見ました。すごくよかったなー。
解説の佐野さんが言ってた通り、日本はほんと、これから黄金期みたいですね。

女子ももちろんよかったけど、男子、高橋選手すごかったなー。
エキシビション見ただけですが、ラインもきれいだし、
色気も力強さもナルシシズムも兼ね備えてるなんて。
日本男子もこんな人が出てくるようになったんだなあ、と感慨もひとしお。
試合のほうも見ればよかったなあ。

私も機会があったら、ぜひ会場で見てみたいと思うようになりました。
2007年04月07日 17:28
うん、超超超超よかったですよ。思い切って出かけて本当によかったです。相方にも実家の両親にも珍しく羨ましがられました。会う人会う人に自慢してます~。最近密かにニワカ高橋大輔ファンになってたりして(笑)

試合のビデオありますので興味あったら我が家でお見せしますよ。もしくは、今度機会があったらアイスショーでもご一緒しましょう。mashenkaさんちの近所でも開催されることありそうだし。
ごまめの歯軋り
2007年04月26日 23:34
とろんさん こんにちは。
じつは僕もフィギュアスケ-トは相当昔からのフアンです。現在日本選手の幾人かのコ-チをされている佐藤信夫氏が、関大一高時代全日本選手権で優勝しその後連覇を続けたのですが、その頃大阪の梅田のスケ-トリンクへ滑りに行った時、何回か佐藤氏の練習を目にする機会があり、其の時以来のフアンです。氷上で滑るのが精一杯の自分にはジャンプして回転し、片足で体を反らして滑るなんて人間業とは思えません。選手の皆さんのあの演技の陰には、幼い時からあの硬い氷の上で血のにじむ練習の積み重ねがあることを考えると、どの選手がミスをしても胸がきゅっと痛みます。とくに転倒があったときなど自分が転倒したかのような痛みを感じるのは僕1人でしょうか。出来れば日本選手に勝って貰いたい気持ちはありますが、勝負は時の運ですから。健闘された選手皆さんに拍手を送ります。
スポ-ツってほんとに良いですね。
2007年04月27日 23:06
ごまめさんこんにちは~。
あの佐藤コーチの現役時代をご存じなんて、すごいですね~!男子選手は間近で見ると実に迫力ありますよね。
私もごまめさんの意見に全面賛成です。普段サッカー見ている時は相手のミスを喜んでるじゃないかと思いますが、対戦スポーツとはまた違いますから。フィギュアの転倒は誰であれ心がキュッと痛みますね・・

世界選手権という最高の舞台で、それぞれ精一杯の演技を見せてくれました。真剣勝負をする選手達はみんなとても美しかったです。本当に、心から拍手です。
2007年04月28日 00:53
あの時僕はまだ中学生でしたが、男子で高校1年が全日本を制した事に驚かされました。確か佐藤さんはその後10連覇という偉業を成し遂げられたと思います。佐藤さんは僕より2歳上ですが、佐藤さんの前年に女子全日本を14歳で制したのが新たにフィギュア委員長に就かれた平松(旧姓上野)純子さんです。
佐藤さん、平松さんの存在なくしてフィギュア種目の世界での活躍はありえなかったのではないかと思います。スケ-ティング技術だけでなく、シュ-ズの改良、エッジの研ぎ方に到るまで、それまで保守的だった日本スケ-ト界に革命をもたらし、その後の躍進の礎を築かれたようです。
佐藤さんは国内で選手育成を、平松さんは国際スケ-ト連盟の場で技術審判の責任者として、それぞれ任務分担して日本選手のレベルアップ、国際評価アップに尽力されているのはご存知のとうりです。
以前とろんさんのブログに横文字で何人もの書き込みがありましたが、あれはいったい何なのでしょう。というのも僕の所にも時々同様のものが出現します。少し気味が悪いなと思っているのですが。
多くの人がブログ閉鎖していますが、とろんさんだけは続けてくださいね。
2007年05月03日 21:03
ごまめさんこんにちは。
今の隆盛は、日本フィギュア界礎の時期にがんばってくださった先人のおかげですね。
その後人気者になった佐野稔選手達の時代にプリンスアイスワールドが始まり、現在のアイスショーにつながっているし、一人きりで世界と戦った天才・伊藤みどり選手の時代と比べ、プレッシャーを分け合って共に戦えるほどの選手層になりました。
マスコミを見ていると、スポーツを何だと思ってるんだと苦々しくなることもありますが、レベルの高い選手が適正に注目を浴び、相応の報酬を受け取れるようになってくれればいいと思います。
なんだかちょっと話がずれてしまいました、ごめんなさい。

変な書き込みは「スパム」と呼ばれる物だと思います。やたらめったら数打ってくるだけで、こちらのことを調べて書き込んでくるわけではないので、さっさと消去して「スパム登録」するとbiglobeの方で拒否してくれるようになりますよ(^^)

相変わらずサボりがちなブログですが、何とかやめずにがんばっていこうと思ってますので、これからもよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック

  • 今年前半のてくてく見聞録 Part2

    Excerpt: 鉄は熱いうちに打て。やる気のある時にやっとけ。 で、Part2は、演劇以外のいろいろについて。 Weblog: てくてく歩いて見るものは racked: 2007-08-02 19:30