アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「演劇」のブログ記事

みんなの「演劇」ブログ

タイトル 日 時
ショーガールの幕が下りた〜おもいでの「恋の引っ越し物語」
数日前に、細川俊之さんの訃報が流れましたね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/01/21 14:44
今年前半のてくてく見聞録 Part1
え〜、なんですか。またしてもまるまる2ヶ月ほっぽりっぱなしだった・・・・・・・と。 もういいんです。 誰かが待っているわけでもないですし、ワタシの忘備録なんだからッ!! いきなり逆ギレです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 08:00
エキストラ
エキストラ エキストラ 2006年11月10日-11月29日 紀伊國屋サザンシアター 11月14日ソワレ観劇 「三谷幸喜の新作」って、ずいぶん久しぶりな気がするなあ。「決闘!高田馬場」は歌舞伎だし、「なにわバタフライ」は新作だけど一人芝居でちょっと特殊な気がする。その前は・・「オケピ!」?これは初演は2000年かあ。すると現代劇でそこそこ人数の出る新作って2001年の「バッドニュース☆グッドタイミング」までさかのぼるのかな?そう考えると、ホントに久しぶりですね。大河ドラマとか映画とかあったからなあ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/14 23:47
オレステス
オレステス オレステス 2006年9月1日-10月1日 シアターコクーン 9月28日マチネ観劇 すさまじい勢いで仕事しまくりの蜷川幸雄氏。秋のコクーンは藤原竜也でギリシャ悲劇・オレステスです。 また蜷川・藤原・悲劇の組み合わせかあ、という後ろ向きな気分と、ギリシャ劇なんだからどーんと遠くまで届く芝居を見せて欲しいという期待が入り交じり・・・実のところいろいろチケット取りすぎでお金がないぞ〜という現実もあって、今回は2階席での観劇でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/09/28 23:04
メタルマクベス
メタルマクベス メタルマクベス 2006年5月16日-6月18日 青山劇場 6月13日ソワレ観劇 前日のワールドカップの脱力感を忘れようというわけではありませんが、ガンガンにエネルギッシュであろう SHINKANSEN☆RS『メタル マクベス』を観に行ってまいりました。 新感線は3年くらい前に「阿修羅城の瞳」を観て以来だったかなあ。あのときはあまりの大音響に(最安の席のせいもあるだろうけど)歌詞も台詞もところどころ聞き取れず、部分部分は楽しめたものの、実のところあんまり満足できなかった。 今回もそのへん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/14 23:49
レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル レ・ミゼラブル 2006年4月2日-25日 日生劇場 4月13日マチネ観劇 観劇順と感想が前後してしまいました。なおかつ8日に見たコンドルズについてはまだ何も書いてない○| ̄|_いかんですね。しかしとりあえず気を取り直して・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/04/20 23:36
ライフ・イン・ザ・シアター
ライフ・イン・ザ・シアター ライフ・イン・ザ・シアター 2006年4月12日-30日 世田谷パブリックシアター 4月19日ソワレ観劇 市村正親さんと藤原竜也くんはどちらも好きだし、この顔合わせで2人芝居といわれるとやはり興味がわくってもので比較的早めに観劇を決めていた作品なんですが、取れたチケットは2階の最後列(´・ω・`)。ここの2階は段差も大きいのでわりと見やすいとは思うんですけど、繊細な話なのでできればもう少しいい席で見たかったな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/19 23:14
夏ノ夜ノ夢
夏ノ夜ノ夢 夏ノ夜ノ夢 2006年3月5日-14日 日生劇場 3月14日マチネ観劇 義理というわけじゃないんですが、ノルマ観劇という感じで入手したチケット(もちろんご招待じゃありません)。正直、チラシやキャストを拝見した時点でかなり出来を危惧してたんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/24 23:36
PARCO歌舞伎 ・ 決闘!高田馬場
PARCO歌舞伎 ・ 決闘!高田馬場 PARCO歌舞伎 ・ 決闘!高田馬場 2006年3月2日-26日 PARCO劇場 3月23日マチネ観劇 去年の「十二人の優しい日本人」はチケット争奪戦にことごとく敗れ、ラストチャンスにようよう引っかかり観劇にこぎ着けたのですが、今回はプレオーダーであっさり当選!友達と2人で意気揚々と出かけてきました。 一幕もので130分ノンストップ。 「決闘!高田馬場」というタイトルに反して、いざ決闘の場所に到着するまでの、若き日の堀部安兵衛と周辺の愛すべき人々のお話です。 タイトルである高田馬場の決... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/03/23 23:26
ラブハンドル
ラブハンドル ラブハンドル 2006年2月4日-20日  PARCO劇場  2月16日マチネ観劇 脚本家中谷まゆみといえば、私にとってはやはり「ぽっかぽか」の人なわけですが、6年前から始まったパルコ+サードステージプレゼンツシリーズが好評であることは知ってました。でも、たまたま昨年テレビ中継で見た「お父さんの恋」は、楽しく見つつもあんまり後ひく感じでもなかったので、あっさりテレビ風味の芝居かなと、今回は期待半分心配半分で観に行きました。(・・・・って、1週間以上も前のことです。早く書かないといかんなあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/02/22 04:35
贋作・罪と罰
贋作・罪と罰 贋作・罪と罰   2005年12月6日-2006年1月29日 シアターコクーン 1月21日マチネ観劇 何も2日連続して芝居見に行かなくてもいいと思うんですが、チケットの取り方失敗したとしか言いようがないですね。1月は2本しか観ないというのに、なんでこんなことになったんだか。しかも東京は久しぶりの大雪ですよ。(あくまで東京における大雪ですけど) まあでももちろん観に行きました。観に行った甲斐もありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/26 23:24
セパレート・テーブルズ
セパレート・テーブルズ セパレート・テーブルズ     20005年12月15日-23日 スペースゼロ 12月21日マチネ観劇 テレンス・ラティガンという劇作家、不勉強で初めて聞きましたが、秋頃からあちこちの劇場の折り込みチラシで目にしていて、「ラティガンまつり」という微妙?なネーミングと、3作連続上演という入れ込みようと、キャスト・スタッフの顔ぶれに惹かれてぜひ見てみたいと思っていました。 がしかし、この秋は非常事態が続いてしまい、ドタバタしている間に「ウィンズロウ・ボーイ」と「ブラウニング・バージョン」は終了... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/12/30 21:26
RSC「夏の夜の夢」
RSC「夏の夜の夢」 夏の夜の夢    2005年12月9日-17日 東京芸術劇場中ホール 12月16日ソワレ観劇 「夏の夜の夢」はもともと好きな演目で、RSCではエイドリアン・ノーブル演出のものを見たことがあります。パンフレットによると97年なので、もう8年前か!早いなあ・・ それにしても年末の忙しさに負けて、観た日からもう12日も経っちゃったよ。今更の感想ですが、簡単に振り返ると・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/29 23:59
ダブリンの鐘つきカビ人間
ダブリンの鐘つきカビ人間 ダブリンの鐘つきカビ人間     ル・テアトル銀座 2005年10月28日-11月13日 11月5日マチネ観劇 3年前のパルコ劇場公演を偶然テレビで見て、とても面白かった覚えがある(ビデオ消しちゃったのが惜しい)ので、キャスト変更にちょっぴりへこみながらも観てきました。書こう書こうと思いながら1ヶ月以上も経っちゃった(←大反省)し今回はごく簡単に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/16 11:47
ソウル市民
ソウル市民 ソウル市民    2005年12月12月11日-25日 シアタートラム 14日マチネ観劇 言わずとしれた平田オリザの代表作。平田オリザ氏も青年団も、興味ありながらも苦手なジャンルだという気がして躊躇してたんですけど、先日テレビで平田作品「その河を越えて、五月」を違和感なく面白く見ることができたので、思いきって足を運んでみました。演出がフレデリック・フィスバックという若手フランス人演出家なので、青年団とはまた違うのでしょうが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/14 23:54
12人の優しい日本人
12人の優しい日本人 12人の優しい日本人   2005年11月30日−12月30日 パルコ劇場 8日ソワレ観劇     チケット争奪戦があまりに激しすぎて、手に入った時点で目的の半分が達成されてしまったような・・・いやいやそんなこと言っちゃいけません。サンシャインボーイズの公演としてパルコで上演されたのはもう13年も前。当時も見たいと思っていたはずなのに、なんで見逃したんだっけ?今となっては不明。映画はもちろん見てるし好きですけど、明らかに舞台向けの作品だと思うから、やっぱり期待しちゃいます。ということで出かけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/10 12:11
メアリー・ステュアート
メアリー・ステュアート メアリー・ステュアート   2005年11月3日-22日 パルコ劇場 もう何年前か忘れてしまいましたが、麻実れい・白石加代子のバージョンをテレビで見て、その面白さに釘付け。なにげなく録画したぼろぼろのビデオテープを未だ大事に持っている作品です。あんまり気楽に見る感じじゃないのでトータルでも2〜3度しか見てないんだけどね。 その作品が久々にキャストを一新しての上演ということで、見たいような怖いような・・・悩んだんですが、チケットがお安く手に入ったこともあって、千秋楽に滑り込みセーフで観劇... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/29 23:42
年末の観劇予定。今日はハロウィンだったりして。
今日はハロウィンなんですな。 我が家は姫が来て以来、いたずらの被害に遭うので飾り物をあまりしなくなっちゃいました。 ちょっと残念。昔はクリスマスとかもがんばってたのにな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/31 23:44
全部はずれた・・撃沈だよ〜・・
大激戦なのは知ってました。 とりあえず4カ所のプレオーダーに登録。プラス友達も参戦。 はずれました。ものの見事に全部はずれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/24 17:58
審判〜加藤健一
審判〜加藤健一     審判        2005年9月27日-10月12日  本多劇場 う〜ん・・・この芝居に関しては、何を語ればいいのか、すぐに思いつきません。 今日は、ホントに短くなるかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/05 23:55
天保十二年のシェイクスピア
天保十二年のシェイクスピア 天保十二年のシェイクスピア         シアターコクーン 2005年9月9日-10月22日 長い公演のちょうど真ん中あたりでの観劇でございます。 芝居も大あたりでございました。 以下ネタばれしてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2005/09/29 23:50
ドレッサー
ドレッサー ドレッサー    パルコ劇場 8月24日-9月11日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/08 23:43
覚え書き・これからの観劇予定
覚え書き・これからの観劇予定 このブログを始めるときに、柱になるのは 掌蹠膿疱症・舞台観劇感想・我が家の姫(猫)・サッカーかしらと思ってたんですが、 どういうわけか、このブログ始めてから舞台あんまり観てないんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/06 22:39
祝!「タイタス」イギリス公演決定!
祝!「タイタス」イギリス公演決定! 昨年1〜2月に彩の国埼玉芸術劇場で上演された蜷川幸雄演出の 「タイタス・アンドロニカス」が、来年イギリスで上演されるみたいですよ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/28 16:55

トップへ | みんなの「演劇」ブログ

てくてく歩いて見るものは 演劇のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる