てくてく歩いて見るものは

アクセスカウンタ

zoom RSS ピーターウィムジイ卿シリーズ新作発見!!

<<   作成日時 : 2005/07/30 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドロシー・L・セイヤーズが書いた
ピーター・ウィムジイ卿シリーズ
初めて読んだ(約)10年前から、
もう大好きで大好きで大好きなんですが、
シリーズ最終長編「忙しい蜜月旅行」の新訳が発売されたことを、ついさっき知りました。
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!
よし、明日買いに行こう!
・・・・・・・・・って、ちょっと待てよ。

ハヤカワ文庫?翻訳・松下祥子(敬称略)???

いやーん。私が愛した創元推理文庫の浅羽莢子訳と違うではないの!
・・・そうだよね。まだハヤカワが権利持ってるんだもんね・・・

セイヤーズがこの世を去って、あと2年で50年。著作権がフリーになります。
日本で権利を持ってるのはハヤカワなので、創元はそれまでじっと我慢の子。
一方ハヤカワは、権利のあるうちに、新訳をドーンと出したわけです。

創元で、前作「学寮祭の夜」が2001年8月31日に発売されて以来、
ひたすらこの「忙しい蜜月旅行」を待ってた私としては、
そりゃ、飛びつきたい、飛びつきたい、飛びつきたいんだけどぉぉぉぉぉ
そんなにもだえなくても、ハヤカワのポケミスで出てるんですが、なんせ訳が超古い

やっぱりね。訳が気になってしまうんですよ。
もちろん、松下さんの訳をどうこう言うわけじゃないんです。第一まだ読んでないし。
ただ、ずっと読んできたイメージってものがあるじゃないですか。
ちょっとした言葉づかいとかね。

かつて名作「ナイン・テイラーズ」を集英社が出したときは、訳を読み比べて楽しみましたが、
あくまでも先に読んだのは、創元版でした。

ここまでずうっと我慢してきたのは、浅羽訳で、シリーズ最終作を楽しみたいから、
という気持ちがあるんですよね。
それに、売られてるのがメチャ古い翻訳のポケミスだけだったから、我慢も簡単だった。
でもでもでも、新訳ですよ。新訳。強烈な誘惑。

買いたい読みたいたまらないッ・・・・・・はあはあはあはあはあ。落ち着け。

とりあえず、明日本屋に行っちゃう。チラリと立ち読みしちゃう。
それで、それで・・・・・ああどうしよう。



忙しい蜜月旅行








忙しい蜜月旅行 (ハヤカワ文庫 HM (305-1))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピーターウィムジイ卿シリーズ新作発見!! てくてく歩いて見るものは/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる